全ての要求を満たそうとすると、全ての要求が満たせなくなる #339

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全ての要求を満たそうとすると、全ての要求が満たせなくなる

” Limited resources, Unlimited wants and needs ”
(限られた資源、限りのない欲望)

経済学をアメリカで学んでいたころ、教科書によくでてきたフレーズです。

提供する側、つまり会社の資源は限られているが、消費者の欲求には限界がない…

当時は「へ〜」くらいにしか思っていませんでした。

でも、実際に商売にたずさわると、つきつけられる現実です。

そしてお客さんの欲求に全てを答えようとすると、どれもが中途半端になります。

結果、お客さんの要求を満たせなくなり、売上が下がるのです。

なので、やるべきことはお客さんの要求の特定の部分に限定すること。

そしてその中で、お客さんの多様な要求を満たすようにすること。

そこにあなたの会社の限られた資源と能力を集中しましょう。

限りのない欲望を全て満たそうとすれば、あなたの資源を疲弊させるだけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガ「結局どうしたら売れるんですか?」景気よく配信中!

ビリケンさんの商売繁盛通信

「結局どうしたら売れるんですか?」

を読んで「売る」ためのコツを知ろう!

 

マーケティングって何するの?
セールスってどうやったらいいの?

商品先物取引の過酷なテレアポ営業から
2000万円の超高級レコードプレーヤーまで、
20年以上を販売の仕事に捧げてきたビリケンさんこと
壁谷 幹善(かべや みきよし)が
セールスとマーケティングのちょっとした
「コツ」をお伝えします。

「結局、どうやったら売れるの?」
少しでもあなたの心がつぶやいていたら、

今、この瞬間にご登録ください!

メルマガに登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*