感性は「手間」から磨かれる #244

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感性は「手間」から磨かれる

自動車学校でマニュアルのクルマを初めて運転した時のことを覚えていますか?

クラッチをきる、
ギアを1速に入れる、


左足の先でクラッチがつながる感覚を探る、
ジワッとクラッチをミートする、
同時にアクセルを踏み込む、
車速が上がってきたら、
またクラッチをきる、
ギアを2速に入れる…

このとき、

1速ギアの力強い押し出し感、
2速ギアの瞬発力のある加速感、
3速ギアの息の長い加速感、
4速ギアの伸びやかな加速、

などなど、ギアによっても表情があることがわかります。

でもこんなことはオートマチックギアだったら、ほとんど何も感じることはありません。

つまり手間をかけるからこそ感じることができるのです。

手間=手数の多さ、です。

手数の多さ=感じることの多さ、です。

感じることの多さ=感性の鍛錬、につながります。

お客さんに対しても、手間をかけるほどお客さんのことも見えてきます。

お客さんが何に悩み、何を欲しているのかを感じ取れるようになります。

結果、あなたの感性が磨かれるほどお客さんは喜ぶのです。

なので「手間」をかけましょう。

磨き込まれたあなたの感性が、かならず売上アップに役立つはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガ「結局どうしたら売れるんですか?」景気よく配信中!

ビリケンさんの商売繁盛通信

「結局どうしたら売れるんですか?」

を読んで「売る」ためのコツを知ろう!

 

マーケティングって何するの?
セールスってどうやったらいいの?

商品先物取引の過酷なテレアポ営業から
2000万円の超高級レコードプレーヤーまで、
20年以上を販売の仕事に捧げてきたビリケンさんこと
壁谷 幹善(かべや みきよし)が
セールスとマーケティングのちょっとした
「コツ」をお伝えします。

「結局、どうやったら売れるの?」
少しでもあなたの心がつぶやいていたら、

今、この瞬間にご登録ください!

メルマガに登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*