商品の納入は嫁入りと同じ #402

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商品の納入は嫁入りと同じ

商品を納品するとホっとしますよね。

お客さんとの約束に1つの区切りがつく瞬間です。

そしてそのお客さんへの意識は、その瞬間から薄れ始めます。

でも、納品した後もその商品はお客さんの元で働き続けます。

お客さんのお役に立ち続けているのです。

だから、商品の納入はあなたの娘を嫁入りさせるのと同じだと考えてみましょう。

あなたの大切な娘が嫁ぎ先で可愛がられているだろうか?

上手くやっているだろうか?

親であれば心配ですよね。

そうした気持ちがあれば、お客さまとの接触も増えるはずです。

その心配りがお客さまとの信頼関係を強いものにしていきます。

次の娘も貰ってくれるかもしれません。

なので商品の納入を単なるモノの受け渡しで終わらせないようにしましょう。

真に良いお客さまに恵まれる道は、ここが出発点なのですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガ「結局どうしたら売れるんですか?」景気よく配信中!

ビリケンさんの商売繁盛通信

「結局どうしたら売れるんですか?」

を読んで「売る」ためのコツを知ろう!

 

マーケティングって何するの?
セールスってどうやったらいいの?

商品先物取引の過酷なテレアポ営業から
2000万円の超高級レコードプレーヤーまで、
20年以上を販売の仕事に捧げてきたビリケンさんこと
壁谷 幹善(かべや みきよし)が
セールスとマーケティングのちょっとした
「コツ」をお伝えします。

「結局、どうやったら売れるの?」
少しでもあなたの心がつぶやいていたら、

今、この瞬間にご登録ください!

メルマガに登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*