それほど熱心でないファンを1000人持つより、熱狂的なファンを50人持つほうがよい #314

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それほど熱心でないファンを1000人持つより、熱狂的なファンを50人持つほうがよい

SNSの登場で「友達」とか「ファン」とか「フォロワー」という概念が一般的になりましたね。

その人数が多いと、この人はスゴい人とか、重要な人というイメージを持ちがちです。

ところが、ことビジネスに関して言えばファンの人数が多い=社業の発展に貢献しているとは限りません。

むしろ、何となくつながっている、というケースがほとんどです。

いくらフォロワーや友達や「いいね!」が多くても、仕事の成約につながらなければ、あまり意味がありません。

ことビジネスにおいては、関係の薄いファンを増やすことより、あなたのコアなファン作りをすることが重要です。

あなたに熱狂するファンを創り出すことが、あなたへ富をもたらすことに直結します。

なので数は少なくても、あなたの熱烈なファン作りに力を注ぎましょう。

数は少なくても、ビジネスが予測可能になり、あなたの心にも安心が訪れるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガ「結局どうしたら売れるんですか?」景気よく配信中!

ビリケンさんの商売繁盛通信

「結局どうしたら売れるんですか?」

を読んで「売る」ためのコツを知ろう!

 

マーケティングって何するの?
セールスってどうやったらいいの?

商品先物取引の過酷なテレアポ営業から
2000万円の超高級レコードプレーヤーまで、
20年以上を販売の仕事に捧げてきたビリケンさんこと
壁谷 幹善(かべや みきよし)が
セールスとマーケティングのちょっとした
「コツ」をお伝えします。

「結局、どうやったら売れるの?」
少しでもあなたの心がつぶやいていたら、

今、この瞬間にご登録ください!

メルマガに登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*