最初の商談に全力で挑む #493

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最初の商談に全力で挑む

商談をしたあと、ヘトヘトに疲れた、という経験ありませんか?

商品の説明、保証、お支払い方法、納期などもきちっと説明する。

何よりもお客さんの「欲しい!」を最高潮にまで高め、不安の一切を解消する。

そして、お客さまの「買う/買わない」の心の綱引きの「買う」側に加勢する。

最後に「決めます!」のサインをもらう。

商品・サービスによって多少プロセスは違うでしょう。

でも、この最初の商談の印象によって、お客さんの心にどれだけ「あなた」と「商品」が残ったか?

ここで成約率に大きな差がでてきます。

「まぁ、後からフォローして決めればいいや」

なんてことを考えてはいけません。

「想い」というのは熱伝導します。

あなたが盛り上げた商談時の高熱は、そのままお客さんに伝わります。

そして時間の経過とともに冷めていきます。

でも最初の商談が熱ければ熱いほど、熱の下がり方は長く持続します。

いかに最初の商談に全力を尽くすかが重要なのです。

もしあなたが商談の後に、身体はグッタリ、でも心は晴れやかな疲労を感じたら、それは商談が良かった証拠です。

そんな商談が増えれば、あなたの成約率は飛躍的に伸びていくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガ「結局どうしたら売れるんですか?」景気よく配信中!

ビリケンさんの商売繁盛通信

「結局どうしたら売れるんですか?」

を読んで「売る」ためのコツを知ろう!

 

マーケティングって何するの?
セールスってどうやったらいいの?

商品先物取引の過酷なテレアポ営業から
2000万円の超高級レコードプレーヤーまで、
20年以上を販売の仕事に捧げてきたビリケンさんこと
壁谷 幹善(かべや みきよし)が
セールスとマーケティングのちょっとした
「コツ」をお伝えします。

「結局、どうやったら売れるの?」
少しでもあなたの心がつぶやいていたら、

今、この瞬間にご登録ください!

メルマガに登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*