お客さんのエピソードをまとめておく #514

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さんのエピソードをまとめておく

本を読んだり、講演を聞いたりしているとき、

「なんかよく分からないな〜」

と、テンションが下がることってよくありますよね。

そんなときに、具体的な事例の話が出てくると急に興味が沸いたりします。

いままで話していたことがスッと頭に入ってきたりします。

いつもの日常生活の中でよくある体験に結びつけることによって、体感覚的に想像ができるわけです。

これは商談でも同じこと。

商品・サービスの良さやメリットだけを語られても、なかなか理解できないことがあります。

そんなときに役立つのがお客さんのエピソード。

「あるお客さんは、これを使ってこんなふうになりました。」
「これを、まさかの方法で◯◯に役立てているお客さんがいます。」
「こんなやり方で使っていたら、◯◯になった人もいます。」

お客さんの、

オモシロイ、
感動的な、
笑える、
泣ける、
ビックリする、

そんなエピソードをノートにまとめておきましょう。

商談の中にいくつか配置することで、お客さんの理解が深まり、あなたの話を飽きずに聞いてくれますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガ「結局どうしたら売れるんですか?」景気よく配信中!

ビリケンさんの商売繁盛通信

「結局どうしたら売れるんですか?」

を読んで「売る」ためのコツを知ろう!

 

マーケティングって何するの?
セールスってどうやったらいいの?

商品先物取引の過酷なテレアポ営業から
2000万円の超高級レコードプレーヤーまで、
20年以上を販売の仕事に捧げてきたビリケンさんこと
壁谷 幹善(かべや みきよし)が
セールスとマーケティングのちょっとした
「コツ」をお伝えします。

「結局、どうやったら売れるの?」
少しでもあなたの心がつぶやいていたら、

今、この瞬間にご登録ください!

メルマガに登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*