赤字の大きさはお客さまを忘れた大きさに比例する #399

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤字の大きさはお客さまを忘れた大きさに比例する

業績不振で赤字になるとき…

何がそのいちばんの原因でしょうか?

多くの人が

「売れなくなったから」

と答えます。

では、なぜ売れなくなったのでしょうか?

お客さま、そして市場は生きもののように変化し続けています。

いまその変化のスピードはどんどん速くなっています。

ならば、あなたや会社も少なくとも同じスピード以上で変化する必要があります。

なのに…

「うちはこれでずっとやってきたから」
「営業がちゃんと売ってこないから」
「競合が安売りしているから」

というような理由を並べて対策を考えたりします。

いちばん大切な「お客さま」が忘れられているのです。

社長の口から「お客さま」という言葉が出てこない会社ほど業績が振るわなかったりします。

そして赤字の大きさはお客さまを忘れた大きさに直結していたりします。

なので、あなたが払うべき最大の関心事は「お客さま」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガ「結局どうしたら売れるんですか?」景気よく配信中!

ビリケンさんの商売繁盛通信

「結局どうしたら売れるんですか?」

を読んで「売る」ためのコツを知ろう!

 

マーケティングって何するの?
セールスってどうやったらいいの?

商品先物取引の過酷なテレアポ営業から
2000万円の超高級レコードプレーヤーまで、
20年以上を販売の仕事に捧げてきたビリケンさんこと
壁谷 幹善(かべや みきよし)が
セールスとマーケティングのちょっとした
「コツ」をお伝えします。

「結局、どうやったら売れるの?」
少しでもあなたの心がつぶやいていたら、

今、この瞬間にご登録ください!

メルマガに登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*