売上アップの其の156:イメージ広告は今スグやめよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【イメージ広告は今スグやめよう】

洒落たデザイン、素敵なモデル、印象的なキャッチコピー…

素敵な画像にブランドロゴが入っただけのシンプルでスタイリッシュな広告に、

「あぁ、こんな広告がウチでもだせたらいいなぁ… 」って思ったことありますよね?

でも、この手の広告には致命的な欠陥があります。

それは、効果測定ができない…ということ。

つまりこれを見たお客さんが商品・サービスの問い合わせや購買にどれくらいつながったかが正確に分かりません。

投資に対して、どれくらいの回収ができたのかが計測できないのです。

広告には、しっかりと提案(オファー)「○○したい人は、今スグこちらへ」を入れましょう。

支払った額に対して、いくらリターンがあったかをちゃんと分かるようにすることが、小さな会社の広告では大切です。

結果が計測できれば、それをもとに反応が高まるよう改善することもできます。

なので大メーカーがよくやるイメージ広告を小さな会社がマネするのは今スグやめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガ「結局どうしたら売れるんですか?」景気よく配信中!

ビリケンさんの商売繁盛通信

「結局どうしたら売れるんですか?」

を読んで「売る」ためのコツを知ろう!

 

マーケティングって何するの?
セールスってどうやったらいいの?

商品先物取引の過酷なテレアポ営業から
2000万円の超高級レコードプレーヤーまで、
20年以上を販売の仕事に捧げてきたビリケンさんこと
壁谷 幹善(かべや みきよし)が
セールスとマーケティングのちょっとした
「コツ」をお伝えします。

「結局、どうやったら売れるの?」
少しでもあなたの心がつぶやいていたら、

今、この瞬間にご登録ください!

メルマガに登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*