売上アップの其の139:ビジネス上の「1」という数字を避ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス上の「1」という数字を避ける

あなたの主要な取引先はどれくらいありますか?

いろんな社長さんとお話をしていると、売り上げの多くを1箇所のクライアントに依存しているところがたくさんあります。

それはとてもリスクの高いビジネスの形です。

もしそのクライアントとの取引が無くなってしまったら…

考えてみてもゾッとしますよね。

でもその取引が明日も明後日も続いていくだろう、と思いがちです。

しかし変化のスピードがとても早い時代です。

いつ何がおこるかなんて、誰にも予測できません。

とにかくビジネスで「1」という数字は避けたほうが無難です。

営業が1人、サービスが1人、経理が1人、仕入先が1社、納入先が1社などなど…

その「1」に依存しすぎると、不測の事態になったときに対応がメチャクチャ大変になります。

なので、ビジネスでは極力「1」という数字にならないように気をつけましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*