売上アップの其の37:ツルハシとシャベルを売ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ツルハシとシャベルを売ろう』

この話、聞いたことありますか?

アメリカがゴールドラッシュに沸いていた時代。

いちばん儲けた人は誰だったでしょうか?

実は、一番儲かったのは金を掘りに行った人たちではなく、

その人たちにツルハシやシャベルなどの道具を売った人たちでした。

その中でも、いまのジーンズを世界的な商品にした「リーバイス」がもっとも大きくなったと言われています。

つまり、競争の激しい市場にツルハシやシャベルやジーンズのような関係性をもつモノやサービスを売るビジネスが儲かるわけです。

今の時代なら何がそれにあたるでしょうか?

伸び盛りのマーケットとは何でしょうか?

AI?
ロボット?
外国人観光?
将棋?
相撲?

今、伸び盛りの熱いマーケットに狙いをさだめ、あなたの商品・サービスがジーンズのようになれないか考えてみてください。

そこがつながったとき、とんでもない富があなたに舞い込むかもしれませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*