売上アップの其の67:成功する理由と失敗する理由は同じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【成功する理由と失敗する理由は同じ】

ある商品やサービスがヒットして儲かり始めると、人は自信をつけていきます。

さらにどんどん儲かっていくと、「もう大丈夫だろう」と油断が生まれます。

油断が生まれると、これまで儲けてきた泥臭いやりかたを、「恥ずかしいから」とか「かっこ悪いから」とか「面倒くさいから」

という理由で止めてしまいます。

でもお客さんは、そこが気に入っていたわけです。

そこが好きだったから、あなたから買っていたのです。

そして気づくと、お客さんが離れてしまっていたりします。

さらにエスカレートしていくと、あなたの商品・サービスを欲しいお客さんの数より

供給する側のボリュームが大きくなります。

いったん出来上がってしまったシステムが重荷になっていきます。

結果、会社の足を引っ張り続け、立て直すのにとてつもない労力がかかったりします。

成功した商品やサービスが、逆に企業を悲惨な結果に招いた例は枚挙にいとまがありません。

なので、守るべきものと、変わるべきものの見極めには慎重になりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*