売上アップの其の7:高額な方が熱中する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タダでもらった教材と100,000円で買った教材…

あなたはどちらに真剣に取り組むでしょうか?

フツウは100,000万円の教材の方ですよね。

では、1万円で買ったバッグと30万円で買ったバッグでは、

手にしたときに、どんな気持ちの違いがあるでしょうか?

やはり30万円のバッグの方が心がウキウキしますよね。

教材で勉強する…

バッグにモノを入れて運ぶ…

どちらも機能的なことにかんしては、同じような結果をもたらしてくれます。

でも、値段が違うだけで気持ちに大きな変化がおこります。

価格というのは、モノの価値を判断するもっとも分かりやすい指標です。

つまり「値段の高いもの = 価値の高いもの」なのです。

反対に「安かろう = 悪かろう」なのです。

大昔から言われていますよね。

なので「高額にする」ということは、人の欲求を高めてくれる1つの方法です。

でも売り手側になると、つい高額な値段をつけることにおよび腰になりがちです。

「お客さんが買ってくれなくなるのでは?」と臆病になったりします。

でも、勇気をもって高額な商品・サービスを作ってみましょう。

必ず熱中してくれるお客さんが現れます。

そんなあなたに熱中してくれるお客さんを増やしていきましょう。

なのであなたの商品・サービスに熱中してもらうために、高額なプライスタグをつけてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*