売上アップの其の96:比較対象を変えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

比較対象を変えてみる

あなたのビジネスにもきっとたくさんのライバルがいますよね。

ライバルには「直接競合」と「間接競合」という2種類があります。

例えばダイエットのサプリを販売しているのであれば、他のサプリ販売者が「直接競合」です。

でも同じダイエットを目的にしているという意味では、例えばフィットネスクラブとかヨガなどもそうですよね。

これらが「間接競合」と呼ばれます。

あなたの商品・サービスの比較対象を間接競合の商品・サービスに変えてみると、意外なことに気づいたりします。

もしかすると、あなたの商品・サービスは格安かもしれません。

ものすごい機能がたくさんあるかもしれません。

もしくは、もの凄い時短で手間いらずかもしれません。

つまり目的は同じでも、そこにたどり着くまでのプロセスが違うわけです。

そのプロセスの違いに着目してみましょう。

そこからあなたの商品・サービスのメリットを見つけてお客様に伝えてみましょう。

すこし視点をずらして見てみると、意外な強みが見つかったりしますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*