営業力をアップしたい の記事一覧

売上アップの其の2:安打数<凡打数

イチロー選手の日米通算安打数は、MLB歴代1位のピート・ローズ氏の4256本を抜き、

6/10現在:4322本、 メジャー通算:3044本となっています。

本当に凄いことです。

同じ時代に生き、その目撃者となれた私たちは幸運ですよね。

でもご存知ですか?

凡打の数は約1万打席で歴代2位だということを。

続きを読む

成約率を高めるクロージングの7つのステップ

商品やサービスの説明までは、自信を持ってできるんだけど、そのあとが続かないんだよね…

こんな方多いですよね。

つまり最後の詰め、いわゆる「クロージング」ができない人がたくさんいます。

せっかく熱くなっているお客さんの背中をおすことができなくて、それまで時間をかけてきた労力を無駄にしてしまっています。

じつは、あとほんのひと押しを待っているお客さんも多いのです。

続きを読む

商談でお客さんの緊張をとく笑顔の作り方の5ステップ

お客さんと対面して営業しても、なかなかお客さんが笑顔になってくれなくて…

こんなふうに悩んでたりしませんか?

お客さんの表情がカタクこわばったままだと、「自分のこと気に入られていないのかな? 何か気に触ることしちゃったかな?」と不安になることありますよね。

こんな営業がつづくと、お客さんと対面するのがオックウになったりします。

でも気をつけて欲しいのは、そんな時は「あなた」の表情がカタクこわばっていることが多いのです。

続きを読む

お客さんに嫌がられずに成約率を上げる電話営業の5つのコツ

電話営業が苦手で悩んでいたりしませんか?

でも電話営業にコツなんてあるのでしょうか?

電話でも初対面だと緊張してしまって、何を話していいのかわからない…
お客さんに冷たくあしらわれたらどうしよう…
お客さんにうっとおしがられたり、嫌われたくない…

いざ電話をかけようとすると、そんなことが頭を駆けめぐって
「あっ!あれやるの忘れてた!」と適当に理由をつけては先延ばし…

こんなことをいつも繰り返して時間だけが過ぎていきます。

続きを読む

1本の問い合わせ電話の成約率を2倍に高める電話営業のコツ

「さっきの電話、もう少しお客さんを上手にとりこめなかっただろうか?」

電話をきった時に、こんな敗北感にも似た感覚になることってありませんか?

ソーシャルメディアとスマホの普及で、電話による問い合わせは少なくなったと思います。

お客さんとのコミュニケーションの主役は、電話からメールに変わりました。

5年前と比較して電話する回数はおおきく減ったとおもいます。

だからこそ、お客さんからの1本の電話はとても大きな意味があります。

続きを読む

相手に見破られずに商談で使える5つのミラーリング効果とは?

「ミラーリング効果」という言葉を聞いたことがあると思います。

好意を寄せる相手のしぐさや動作を無意識に真似てしまったり、あなたと同じような行動や表情をする相手に好意をいだく効果のことをいいます。

ビジネスではこの効果を利用して、初めて会ったお客さんに対して、こちらから相手に好意を持ってもらうように意図的に働きかけを行うテクニックとして紹介されていますね。

言い方を変えると「類は友を呼ぶ」という原理を利用して相手に「私はあなたと同類ですよ」ということを演じるということです。

続きを読む